旧中島家住宅

4月19日日曜日、旧中島家住宅かまど再生事業の説明会が行われました。
市民学芸員の会も実行委員会として参加。

研修室では、平成26年度の調査成果として、大手前大学の岡本先生の話を聞きました。
参加者は60名、研修室は満員です。

1429428809545

昨年度、旧中島家のかまどを3Ⅾ計測した成果が報告されました。かまどが詳細な計測により、立体的な画像になっています。そしてこれが動画となってスクリーンに映し出されました。圧巻です。これからの文化財保存には欠かせない技術になっていくのだろうなあ・・とただただ感心です。

1429428715760

つぎに、実際にかまど再生の指導をしていただく、職人の宮奥さんの話を聞きます。
ここではかまどを再生していくための材料や手順について説明されました。ふるくなったかまどは粉々にしてふるい、次のかまど築造の素材となるということ,土に混ぜられるスサも、古畳をきざんでいれることなど、説明されました。究極のリサイクルに、一同感心。
このあと、かまどを再生する現場、博物館敷地の旧中島家に移動です。
ここからは市民学芸員の会の腕のみせどころ。

1429428227856

かまどめしの3倍の人数のごはんを炊き、味噌汁を作ります。かまどの中でも最も大きい、10升炊き用で、なみなみと味噌汁を作ります。かまどもひと踏ん張り。
なお、かがんで味噌汁をよそってますが、再生後のかまどの高さはもうすこし高くなるみこみです。

1429428310701

せっせとおにぎりを作ります。あつあつです。
参加者のかまどサポーターの皆さんに、かまどでたいたご飯を味わっていただくことができ、かまど再生事業への期待が膨らみます。

1429428190930

イベント終了後、くつろぎのひととき。

1429428137497

館長あいさつで本日の日程は終了です。
市民学芸員も、お役目が終わり、ほっと一息です。

いよいよ5月には、いまのかまどがこわされ、新しいかまどの材料となっていきます。

4月15、16日。旧中島家住宅かまど再生にむけて、土作りの作業が始まりました。
実行委員会のメンバーとして、市民学芸員も参加。
旧中島家の軒先で、かまど用の土に混ぜるわらの材料となる、古畳をきざみます。

FullSizeRender

FullSizeRender (1)


FullSizeRender (2)

そして、市内の田から採取された土が、旧中島家住宅に作られた土置き場に運び込まれると、水をいれ、総出で土をこねました。

FullSizeRender (6)

プロの宮奥さんの指導の下、スサをいれた土をこねます。
体力をつかう作業ですが、和やかムードで進んでいきます。

そしてプールでねかされた土に、かまどを解体した土を入れ、新しいかまどの材料とするのです。

いよいよ19日(日)は、かまどサポーターの皆さんへの説明会です。

旧中島家住宅に隣接する、いがぐり農園では定期的に作業をおこなっています。
今日は秋晴れの農園日和。

securedownload

たくさんのサツマイモが収穫された畑。かまどワークショップでは美味しい焼き芋が振る舞われました。
このほか、こちらで収穫された野菜は、竿ばかり体験で重さを量る材料としても使われます。
今日は収穫後の畑を耕し、土づくりをします。
奥の畝で作業するのは市内の中学2年生。職場体験で博物館の仕事を体験中です。

こんもりとした植物は・・

DSCN3294

たくさん実をつけた棉。
パカッとひらいたコットンボールを収穫します。
収穫した棉は、綿繰体験などで使うのです。

夏の間、草取り、水やりと大変だったいがぐり農園。これからは冬に向けての準備です。
一緒に作業していただける方募集中です(^O^)/






栗東歴史民俗博物館で8月16日に開催された、かまどめしをたこう!にお手伝い参加しました(^.^)
博物館に移築された明治時代初期の旧中島家住宅で、毎月(厳寒期は除く)開催されているこのイベントでは、かまどでの炊飯や薪割り、お膳の扱い方などレクチャーのお手伝いをしています。
今回は、8月恒例の戦時食メニュー。
アジア...・太平洋戦争当時の食生活を体験です。
DSCN2834DSCN2830

かまどでごはんを炊き、みそ汁を作ります。
今回はサツマイモときな粉をつかったお饅頭も。
参加者の子供たちも、一生懸命いもをつぶします。
そして、かまどの蒸篭で蒸しあげました(^.^)
アジア太平洋戦争期、乏しい食材で、栄養を考えて作られたメニュー。
現代の子供たちにはどう感じられたかな。

来月、9月20日(土)は通常バージョンで開催されます。



↑このページのトップヘ