古代

PhotoGrid_1449996670480

栗東歴史民俗博物館では、市民学芸員と公益財団法人栗東市体育協会そして教育委員会の共催で、調査研究報告会が開催されました。
今回のテーマは博物館展示に関連して、古代の祭祀です!!
まず報告では公益財団法人滋賀県文化財保護協会の平井美典さんから、大津市宇佐山古墳群から発見された古代の祭祀場のお話がありました。奈良の都でまつりに使われた土馬と同じタイプの土馬でまつりを行っているとのことでした。次に草津市教育委員会の岡田雅人さんからの報告で、平安時代の八稜鏡を使った地鎮祭祀について報告がありました。
栗東からは手原遺跡の井戸の祭祀について佐伯英樹さんが、同じく手原遺跡の地鎮について近藤広さんが報告されました。地鎮については密教の思想が入っているとのこと。土の中からも宗教色がでてくるとは驚きです。今後は遺跡の性格などを知る手掛かりとなればいいなと思いました。
報告の後は討論。市民学芸員からは雨森が討論の司会をさせていただきました。
討論では土馬の祭祀や、井戸の祭祀などおもに水に関連するまつりの性格などが検討され、古代の人々の願いを知るとともに、古代の役所の構造にせまる討論となりました。
古代の祭祀についてはまだまだ分からないことがおおく、古来からあった信仰に外来の信仰がどのように入ってくるのか、都城型の祭祀がどのように地方に浸透していくのか・・検討すべき課題が沢山あるようです。そして近江は宮あり、国や郡の役所も調査が進んでいて、そうした課題を検討していく絶好のフィールドであることを再認識できました(^_^)
企画展は12月27日まで開催中。
本日の話を受けて、もう一度土馬たちに会いに行こうと思います。

1都名所圖會輪読会  1031日 13:30
 ☆120頁4行目「珎皇寺は建仁寺の南松原通り尓あり・・・」の条より

2文化ボランティア
 11月1日(日)13:30~(終了) 
 11月26日(木)13:30~
 1月9日からの展覧会「文化財と拓本」(仮称)にむけ版木の整理をしています。
 拓本をやってみたい方、この機会にぜひご参加を!!

3むかしのくらし体験教室
★スタッフは30分前に集合してください。
 11月17日(火)13:00 11月19日(木)9:30(竿) 11月20日(金)13:00(竿) 12月1日(火)13:15(竿) 12月3日(木)13:15(竿) 1月13日(火)9:30(市内小学校・臼) 1月14日(木)午前、午後(市内小学校) 1月15日(金)9:30(市内小学校・つし)13:30(市内小学校・つし) 1月19日(火)9:30、午後(市内小学校) 1月20日(水)9:30(竿) 1月21日(木)午前(市内小学校・竿)、午後(市内小学校・竿) 1月22日(金)午前・午後とも(市内小学校・竿)1月26日(火)9:30(竿)13:00(市内小学校・竿) 1月27日(水)9:30(市内小学校・竿) 1月28日(木)9:30 1月29日(金)9:30(竿) 2月5日(金)午前 2月10日(水)午前 2月16日(火)午前 2月17日(水)午前 2月18日(木)午前(うす) 
 


4連続講座「ここまでわかった!?近江の三つの宮」
 ★博物館研修室にて
 ★参加費(資料代 200円)市民学芸員のみなさまのお手伝いをお願いします。
 主催:栗東市教育委員会 公益財団法人栗東市体育協会 
    栗東歴史民俗博物館市民学芸員の会
 【第1回】「紫香楽宮」11月21日(土)14:00~
   講師 鈴木良章さん(甲賀市教育委員会)
   旧信楽町時代から、宮町遺跡の調査・研究にかかわってこられました。
 【第2回】「保良宮」11月28日(土)14:00~
   講師 千歳則雄さん(皇子山を守る会)
      小松葉子さん(滋賀県文化財保護協会)
   保良宮推定地を歩き、歩き、そして研究を重ねられている方々です。
 【第3回】「近江大津宮」12月5日(土)14:00~
   講師 櫻井信也さん(栗東歴史民俗博物館)
   博物館の櫻井さんから、じっくり大津宮の話を聞けるチャンスです! 

5調査研究報告会
 「古代の祭祀―官衙遺跡調査事例を中心に―」
  12月13日(日)13:00~博物館研修室
  市民学芸員のみなさまのお手伝いをお願いします。

★今後の展覧会
・特集展示『地のまつりと水のまつり―古代の役所と祭祀―』11月14日(土)~12月27日(日)
 展示解説会 11月29日14:00~
特集展示『文化財と拓本』(仮) 1月9日~2月21日(日) 

★旧中島家のかまど再生、無事終了しました。スタッフの皆様、お疲れさまでした。
さっそく、体験教室で使用されています。なお、かまどめし事業は来年4月から再開の予定です。

IMG_1440


◆いずれの行事も参加できる方は栗東歴史民俗博物館まで◆

↑このページのトップヘ