ビバシティ

ツクツクボウシがなく今日この頃。
夏休みももう終わりですね。

8月21日。こどもたちが自由研究に焦りをかんじるこの時期、彦根では恒例の「博物館夏祭り」が開催されました。
もともと「環境と科学のフェスティバル」として自然科学系の博物館が中心となって行われていたこのイベント。「博物館夏祭り」として人文系の博物館もお誘いをうけ、栗東歴史民俗博物館が参加するようになって3回目になります。
今年は、なんとゲスト館として国立科学博物館さんも参加されました。

IMG_1314

会場は恒例、彦根ビバシティのビバシティホールです。

IMG_1316

にぎわう会場

IMG_1300

栗東歴史民俗博物館は、「竿ばかり体験」を実施。
大型さおばかりが「人間体重計」となります。
普段聞きなれない貫や匁で体重を測定。
3.75をかけて㎏に換算すると、「あってる!!」と感動の声。

IMG_1311

博物館教室でもおなじみの体験セット。

IMG_1306

市民学芸員、館職員、大学生ボランティアが連携して体験をサポートします。

IMG_1310

他の参加館のボランティアの方々との交流。
こういうのも、夏祭りならでは。

IMG_1303

会場に敷かれた滋賀県の航空写真。
このうえには飛行機、ではなく紙飛行機が飛んでいました。

IMG_1307

お宮さんも登場。

IMG_1308

あっという間の一日。
また来年も集えるといいですね。

7月13日。
昨年に引き続き、彦根ビバシティで開催された博物館夏祭りに参加。
県内の博物館、博物館ボランティア有志によるお祭りです。
いがぐりの会では、栗東歴史民俗博物館のボランティアとして、竿ばかり体験を行いました。
DSCN2692

今年はなんと、舞台の上にブースを設けていただきました(´∀`*)
20貫(70㎏あまり)まで量れる大型のさおばかりに、会員手作りのフレームを組み合わせて、参加者の体重を測定します。
ブランコのような装置に座るだけで体重が測れるので、こどもたちも興味津々。
想定した後、体重証明書をお渡しします。
なんと、貫(1貫=3.75kg)と匁(1匁=3.75g)で書かれてるのですよ。
すぐには ~kgとわからないのがいいですね( ̄ー ̄)ニヤリッ
 
DSCN2696

もともと環境をテーマとしたフェスティバルだったこの夏祭り。
今では歴史系など多様な館が加わって、この賑やかさです。
子どもたち、夏の研究テーマがみつかったかな?

DSCN2691

ビバのセンターモール。
参加館が紹介されています。

いろんな興味を持った方に参加いただける博物館夏祭り。
これをきっかけに、県内の館を訪れていただけるといいですね。

↑このページのトップヘ