2017年12月

①都名所圖會輪読
1月21日(日)午前9時30分~次回第3巻301頁霊芝山光雲寺の図より

②文化ボランティア・竹村鉄道資料の整理 
1月21日(土)午後1時30分~
1月28日(日)午後1時30分~

③昔のくらし体験教室
1/16午前大宝東小 
1/18午前逢坂小
1/23午前葉山小 午後金勝小
1/24午前常盤小 午後大宝西小
1/25午前治田西小
2/14午前聾話学校
2/20午前三上小 午後治田東小
2/21午後水戸小

④博物館展示 
特別陳列「源平布引滝」(第1展示室)
 ~2月25日 
手原の地名の由来とされる「手孕伝説」。手原が物語の舞台として登場する人形浄瑠璃、歌舞伎の作品である「源平布引滝」について、手原に生まれた郷土史家、里内勝治郎(1877~1956)が収集した資料から紹介。
※手原と源平布引滝の概要は栗東市広報12月号に掲載されています。
http://www.city.ritto.lg.jp/shisei/koho/5982.html
特別陳列解説会は1月27日 2月10日いずれも午後2時~です。

収蔵展示「仏教美術を中心に」(第2展示室)
 1月13日~2月25日

<予告>
小地域展「坊袋の歴史と文化」
3月10日~

⑤講演会「近江の街道と歌舞伎」・・特別陳列関連講演です。
平成30年2月24日(土)14:00~16:00
講師 中島誠一氏(長浜歴史博物館元館長・長浜曳山博物館前館長) 
資料代200円
主催 栗東歴史民俗博物館
共催 市民学芸員の会(予定)・栗東市観光ボランティア協会(予定)
☆当日の会場のお手伝いをお願いします。

<博物館イベント>
RISSミュージアムロビーコンサート31
~深く心に響くユーフォニアムの調べ~
日時 1月21日14時~
会場 栗東歴史民俗博物館ロビー

★市民学芸員の会では、会員を募集中です★

◆いずれの行事も参加できる方は栗東歴史民俗博物館まで◆

今年もあとわずかになりました。
市民学芸員の会、1年間ありがとうございました。

_DSC0068

活動のなかで出てきた興味、関心によりウォ-キングを開催。いまは輪読している「都名所圖會」をたどる京都ウォ-キングを、不定期で開催しています。秋に開催したウォ-キングの模様は、後日詳細に報告予定。

IMG_2790

長浜も行きました。しかし、本題の竹生島には渡れず・・。いつかリベンジします!

BlogPaint

恒例となった「博物館夏祭り」。彦根ビバシティに、県内のミュージアムが集うイベントです。

20170729_162408_102

栗東歴史民俗博物館の講演会や、調査研究報告会。市民学芸員の会も共催として、会場受付などを行っています。
もちろん、会員の研修の場として、博物館ファンの一人として聴講します。

20170129_145905_652

毎月2回、行っている「竹村コレクション」鉄道資料の整理です。鉄道模型の一点、一点、細部のチェックをしながら整理を進めています。

DSCN3146

平成30年には、市民学芸員の会も10周年をむかえます。

今後も、栗東の歴史や文化をみつめ、自分たちなりの興味や関心に基づいた活動を続けていきます。
皆様、良いお年をお迎えください。






①都名所圖會輪読
12月23日(祝)午前9時30分~次回第3巻291頁南禅寺門内の図より
1月21日(日)午前9時30分~

②文化ボランティア・竹村鉄道資料の整理 
12月3日(日)午後1時30分~
1月21日(土)午後1時30分~

③昔のくらし体験教室
12/7午前治田小
12/12午後葉山東小
1/16午前大宝東小 
1/18午前逢坂小
1/23午前葉山小 午後金勝小
1/24午前常盤小 午後大宝西小
1/25午前治田西小
2/14午前聾話学校
2/20午後治田東小

④博物館展示 
特別陳列「源平布引滝」(第1展示室)
 12月5日~2月25日 
手原の地名の由来とされる「手孕伝説」。手原が物語の舞台として登場する人形浄瑠璃、歌舞伎の作品である「源平布引滝」について、手原に生まれた郷土史家、里内勝治郎(1877~1956)が収集した資料から紹介。

<予告>収蔵展示「仏教美術を中心に」(第2展示室)
 1月13日~2月25日

⑤講演会「近江の街道と歌舞伎」・・特別陳列関連講演です。
平成30年2月24日(土)14:00~16:00
講師 中島誠一氏(長浜歴史博物館元館長・長浜曳山博物館前館長) 
資料代200円
主催 栗東歴史民俗博物館
共催 市民学芸員の会(予定)・栗東市観光ボランティア協会(予定)
☆当日の会場お手伝いをお願いします。

★市民学芸員の会では、会員を募集中です★

◆いずれの行事も参加できる方は栗東歴史民俗博物館まで◆

↑このページのトップヘ