2016年08月

➀都名所圖會輪読会

9月27日(火)午後1時30分~

➁文化ボランティア・竹村鉄道資料の整理 
9月18日(日)午後1時30分~ 
9月24日(土)午後1時30分~ 

➂『博物館講座』かまどめしを炊こう!! 場所 旧中島家住宅(博物館敷地内)
炊き立てのご飯とみそ汁を本膳で頂きまます。
スタッフは30分前に集合準備。参加頂ける方は事前連絡下さい。 
9月17日(土)午前10時~午後2時
10月15日(土)午前10時~午後2時
11月19日(土)午前10時~午後2時
3月18日(土)午前10時~午後2時

④多賀道を歩く 9月25日(日)合計10kmの行程です。
手原8:43-8:48草津9:01-快速長浜行-9:35南彦根
南彦根駅9:40集合・スタート-(1.3km)-中山道高宮宿-(3.2km)-多賀大社参拝
昼食は門前のお店にて-多賀歴史民俗資料館見学-胡宮神社-キリンビール滋賀工場(3時より工場見学と試飲~4:20まで) 帰路へ-3km-南彦根駅
※参加希望者は9月18日までに申し込んでください。
※当初9月10日と予告しておりましたが、日程を変更しています。ご了承ください。

⑤博物館展示
・『平和のいしずえ2016~戦時下の子どもたち』~9月25日(日)
 
・(草津宿街道交流館)草津市栗東市連携展示 連携展示
 『KURITA BLUE―名産青花紙の生産と流通―』~9月4日(日)

・次回展示 企画展『琵琶湖誕生-日本・世界が見聞きした琵琶湖-』
 栗東歴史民俗博物館と観峰館(東近江市)との共同企画です。
 栗東会期  10月 8日(土)~11月27日(日)
 観峰館会期 9月17日(土)~11月20日(日)

予告
★矢橋道を歩く 10月22日(土)草津駅~矢橋追分~矢橋港 良く知られた「急がばまわれ」の語源を歩きます。夜は草津駅周辺で懇親会の予定です!!

◆いずれの行事も参加できる方は
栗東歴史民俗博物館まで◆

連日の猛暑、いつまで続くのでしょうか。
ところで9月10日に予定しておりました「多賀道を歩く」イベントですが諸般の事情により、9月25日(日)に変更になりました。
高宮から多賀大社まで歩き、その後胡宮神社にも立ち寄ります。胡宮神社はもと敏満寺の鎮守社で、境内に敏満寺の金堂跡や大門跡があります。また室町時代末につくられた庭園は国の名勝に指定されています。
そのあとはキリンビール滋賀工場へ・・・
参加をお待ちしています。

DSCN3675

多賀大社(冬ですが・・・)

太平洋戦争がおわって71年目の夏。
栗東歴史民俗博物館では今年も『平和のいしずえ』展が開催されています。
市内外から収集された資料をもとに、「戦争の歴史と戦時下の生活を再現することで、地域の視点から平和について考えよう」とする意図で、開館からずっと続けられています。
今回は「戦争と子どもたち」がテーマです。
博物館では、当時子どもの目線で世の中をみてきた地域の人に聞き取りされ、貴重な体験をもとに展示が構成されています。時代がどんどん進んでいくけれど、年に一度でも過去の苦い歴史をふりかえり、自分たちのこれからを考える機会としたいものです。

IMG_2036

展覧会最終の週末に、旧中島家住宅で、青花紙作りのイベントが行われました。

IMG_2025

IMG_2018

栽培された青花からしぼった汁を刷毛で塗って、乾かしてを繰り返す作業です。美濃紙に、刷毛で均一に塗っていきます。生花で作られる鮮やかな青に、参加者もみとれていました。本来の作業ではこれを何十回も繰り返し、元の紙の4倍程の重量になり、濃紺になるまで塗り重ねます。とっても手間がかかるものなのですね。こうやってできた青花紙は、友禅染の下絵を描く染料として重宝され栗太の名産品になったのです。

IMG_2023

これが青花。

さて、7月で青花の展覧会は終わりました。引き続き草津宿街道交流館で連携展示が開催されます。
※街道交流館の連携展示は7月30日(土)~9月4日(日)まで、平成28年度夏季テーマ展 「KURITA BLUE-名産青花紙の生産と流通-」です。

↑このページのトップヘ