太平洋戦争がおわって71年目の夏。
栗東歴史民俗博物館では今年も『平和のいしずえ』展が開催されています。
市内外から収集された資料をもとに、「戦争の歴史と戦時下の生活を再現することで、地域の視点から平和について考えよう」とする意図で、開館からずっと続けられています。
今回は「戦争と子どもたち」がテーマです。
博物館では、当時子どもの目線で世の中をみてきた地域の人に聞き取りされ、貴重な体験をもとに展示が構成されています。時代がどんどん進んでいくけれど、年に一度でも過去の苦い歴史をふりかえり、自分たちのこれからを考える機会としたいものです。

IMG_2036