20150926_160847_642

8月に、竹村鉄道コレクションの展覧会を終えたところですが・・
市民学芸員は次なる課題に取組中。
それは版木の整理作業です。

版木とは印刷をするための板で、反転させた絵や文字が刻まれています。
とくに寺院ではお経やお札などを刷るために使用されたものが残されており、地域の信仰の歴史を考える上で貴重なものとなっています。
市民学芸員の会会長はこの道40年の拓本家。会長の指導を受け整理が進みます。
これらの版木は、栗東歴史民俗博物館の特集展示「文化財と拓本」(仮称)で出品される予定です。
展示の会期は平成28年1月9日(土)から2月21日(日)まで。
展覧会開会までは、月2回の文化ボランティアの時間に整理を行います。
興味のある方は、栗東歴史民俗博物館 までご連絡ください。
なお、10月は16日、24日13:30からの予定です。