栗東歴史民俗博物館に移築された旧中島家住宅。
私たち市民学芸員も、博物館教室のお手伝いなどでなじみ深い民家です。
旧中島家住宅のかまどは、中島家に住んでいた人の記憶をもとに、地元で実際にかまどを作ったことのある古老と、当時の学芸員の手によって築造されました。
そして20年近く、火吹き体験や炊飯体験など体験学習の場として活躍してくれました。
かまどの煙は、屋根の防虫など、家を守る役割も果たしています。

昔のくらしの中でも、修繕したり築造しなおしたりしながら使われていたように、そろそろ中島家のかまども老朽化して作り直す時期になってきました。
そこで博物館と市民が一体となり、かまどを再生するプロジェクトが始まったのです。
すでに地元各地にのこされたかまどの調査がはじまっています。

そして、いよいよ10月19日には「旧中島家住宅ヘッツイ(かまど)再生ワークショップ・シンポジウム」が開かれます。
わたしたち市民学芸員の活動は・・
「かまど炊飯体験」です。
実際にかまどでごはんを炊き振る舞う、ワークショップのサポートです!!
炊き立てのご飯をおにぎりにし、食べてもらうお手伝い。
日頃体験イベントはちょっと苦手...と思われている方もぜひ、この機会に参加してみませんか?
DSCN3000

DSCN3000

栗東歴史民俗博物館に移築された旧中島家住宅。
私たち市民学芸員も、博物館教室のお手伝いなどでなじみ深い民家です。
旧中島家住宅のかまどは、中島家に住んでいた人の記憶をもとに、地元で実際にかまどを作ったことのある古老と、当時の学芸員の手によって築造されました。
そして20年近く、火吹き体験や炊飯体験など体験学習の場として活躍してくれました。
かまどの煙は、屋根の防虫など、家を守る役割も果たしています。

昔のくらしの中でも、修繕したり築造しなおしたりしながら使われていたように、そろそろ中島家のかまども老朽化して作り直す時期になってきました。
そこで博物館と市民が一体となり、かまどを再生するプロジェクトが始まったのです。
すでに地元各地にのこされたかまどの調査がはじまっています。

そして、いよいよ10月19日には「旧中島家住宅ヘッツイ(かまど)再生ワークショップ・シンポジウム」が開かれます。
わたしたち市民学芸員の活動は・・
「かまど炊飯体験」です。
実際にかまどでごはんを炊き振る舞う、ワークショップのサポートです!!
炊き立てのご飯をおにぎりにし、食べてもらうお手伝い。
日頃体験イベントはちょっと苦手...と思われている方もぜひ、この機会に参加してみませんか?